« WTC移転案否決は長期的に見て損害だ | メイン | リフレについての簡単なメモ »

2010/03/02
英プルーデンシャルが米AIGのアジア生保部門を買収

英プルーデンシャルが米AIGのアジア生保部門を買収するというニュースが出ていました。
またその金額が3兆1600億円と、第一生命の時価総額の2倍以上になるようです。


英国のプルーデンシャルといえば、数ヶ月前に日本から撤退というニュースが流れていた
のを覚えてますが、日本から撤退するぐらいだから資本余力のない中堅どころかと思って
いましたが・・・成長市場であるアジアの生保部門を買収することによって一気に巻き返しを
狙う、といったところなのでしょうか。


紛らわしいのは、英国のプルーデンシャルと米国のプルデンシャルとは同じ保険会社
でありながら、全く別の会社なんですよね。
ネット上の記事も、英プルーデンシャルって書いたり、英プルデンシャルや、
単にプルデンシャルって書いてあったり、ひどいのは米プルデンシャルと間違えて
書いてあるものまでさまざまで若干混乱しました。


・・・米プルデンシャルに個人的にちょっと関わりがあるので気になっただけなんですけどね。

AIGは売却した3兆円を公的援助資金の返済に充てるそうですが、それでもまだまだ
全額返済には程遠いようです。すげーな。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)